愛用するプロペシア|ハゲから生まれ変わり今でもイケメンの主人

薄毛を治療する医薬品

毛髪が薄くなる事は老化の一つとも言えますが、国内の多くの男性の方に見られる脱毛症の症状はAGAとされるもので原因を男性ホルモンDHTとしており、原因物質を取除く治療に用いられるのがフィナステリドを成分とする薄毛改善薬で有るプロペシアやフィンペシアとなり、前者は先発薬、後者は後発薬に位置付けられている医薬品となり、共に経口の内服により頭皮に作用するもので国内外で多くの臨床試験が繰り返し行われていましたが、約七割の方に発毛作用や脱毛の進行状況を遅滞させる効果が頭皮に見られAGAに対しての有効性の高さが報告されています。
先行するプロペシアとは、その成分が5α-還元酵素阻害剤の系統に分類する事ができ、男性の方の体内で分泌が行われ成長期には必須ホルモンともされる雄性ホルモンテストステロンが酵素の働きにより、上述した様に悪玉性ホルモンのDHTを産生する事になり、この物質が毛穴にある毛乳頭細胞に結合する事で毛髪の成長を抑えるあるいは十分な栄養補給を行う事が出来なくなるシグナルを発する事で軟毛へと髪質が変化し全体的に毛髪が薄くなる事や抜ける量が通常時と比較して増えてしまうので、酵素を阻害する事で物質の産生を抑制し毛髪の成長サイクルを通常に戻す作用を持ち薄毛改善へと導いてくれます。
酵素を阻害し物質の産生を抑制する事で頭皮環境を整える事ができ又、通常の毛髪サイクルに戻す事が出来るとされ、本来であれば人の髪の寿命は10年未満とされ日に平均で50本は抜けているとされますが、AGAの場合でが一本の寿命も一年未満になり抜ける本数は倍以上となり、再び毛穴から髪が成長しない事もあり、薄毛改善の為にプロペシアやその後発薬フィンペシアを用いる事は治療に欠かす事が出来ないとされ、即効性を期待する事は出来ませんが半年程で発毛の効果が現れ始めるとされ、最低でも一年間を通しての内服が必要となります。
副作用の発生頻度は少ないとされているものの、男性の方にとっては少し困る症状が有り、性的な機能を低下させるとされEDが生じる事やリビドー減退等が起こる事があるとされ、投薬期間中は充実した性交を行え無い事があるとされますが多くの方に起こるものでは無く反対に思い込みは心因型とされる心の要因と
するED発症の可能性が有るので考え過ぎたり思い込む事は禁物です。
又、フィンペシアは国内では購入する事が出来ない事にも留意して下さい。